村井メモ


44.創刊のことば集

43.全生園の文学した人のことば

42.尹東柱と東條耿一の断想(3)

41.尹東柱と東條耿一の断想(2)

40.尹東柱と東條耿一の断想(1)

39.東條の「義務の文学」という文学観


38.療養所文芸の暗さに就いて(於泉信雄)の評論を読む

37.東條耿一のわずか30年の生涯  04.8.13

36.レゼー神父について 04.8.10

35.光岡良二と妻芳枝     

34.光岡良二、トロチェフを詠む      

33.コンスタンチン・トロチェフ、「ほかの せかいで またあおう」

32.海人の「新万葉集」入選歌、11首    

.31.光岡良二、「少年」     

30.塔和子と河本睦子       

29.塔和子、「墓」(「はだか木」より)  

28..鈴木時次、「川原」        

27.小泉雅二、「枯葉の童謡」 

26.谺雄二、「鉈をとぐ」 

25. .高野岩次郎 「鏡」    

24.芦谷美彦、「或る事」    

23.山本巌、「今更と言わないで下さい」  

22.味地日出男、「一つの喜び」

21.中山秋夫 「年齢」 

20.谺雄二 「鬼瓦よ」   

19.中井正夫の詩 

18.「私なら、偏見は無いから」

17.「遠かもめ」 佐藤鬼房と蓮井三佐雄  

16.坂井新一の詩      

15.戦争とらいの政策     

14.療養所の中で社会復帰を 

13.本当は、隔離に意味がなかった   

12.「塀を築く」    

11.「祝福」のMについて

10..父親   

9.風見氏のジョーク    

8.帰郷       

7.「タダの代償」      

6.明石海人のことなど    

5.北條民雄のこと   

4.佐藤鬼房と蓮井三佐雄  

3.風見治と松尾直  

2.「ハンセン病と文学展」と同人誌「火山地帯」

1..文学は生き方の問題 






日盛り