「ハンセン病文学全集・4・記録と随筆」皓星社
「蓮井三佐雄のこと」吉田美枝子著抜粋

 句集を出したことによって、さらに作句にも励んでいたようであったが、自分の思う作品が先生の選に入らず、次第に俳句への意欲を失っていた。そんなときに出会ったのが、天狼の同人である佐藤鬼房先生で、『一処不動』を見ていただきたくお送りしたものであった。それに対して、早速佐藤先生からお心のこもった懇切な批評のお手紙を頂き、一句を選びお書きくださったものが同封されており、それがまた自分の好む俳句であったことから、三佐雄の感激はひとしおであった。その佐藤鬼房先生が、俳誌「小熊座」発刊することになったので、お読みくださいといって、創刊号をお送り下さった。それを毎晩訪れてくれる山田静考さんに読んでもらっていたが、ある日思いつめたように「小熊座」に入って勉強をしたい、と言い出した。私は彼の健康状態から不安を感じたが、どうしても「小熊座」に入会したい、という希望が強く、近頃にない俳句への熱意であった。
> そして、61年11月に入会させてもらい、直接佐藤先生のご指導を受けるようになってからの日々は真剣そのもので、俳句が出来るとテープに吹き込み、それを何度も聞いては推敲していた。神経痛は一時よくなっていたが、年毎に痛みは強くなってきており、血圧も高く、ときには200を越えるときもあったけれど、そんなことには頓着無く俳句に打ち込んでいた。目の悪い三佐雄の願いを聞かれて佐藤先生は、ご多忙な時間を割いて、毎月「小熊座」を120分テープに録音して送ってくださるようになった。それを何度となく聞き返し、次のテープが届くまでカットテープからテープが出ることは無かった。
> 佐藤先生にめぐり合ってからの日々は充実しており、彼は彼なりに精一杯の作品を作って、それを小熊座、天狼、環礁と録音したものを私に聞かすのであった。

>
> 〜    〜    〜    〜    〜    〜

この、「蓮井三佐雄のこと」という吉田美枝子の文は、蓮井三佐雄の遺稿集のために書かれたもの、吉田によって編まれた「遠かもめ」という句集の跋文であった。
小熊座の小島ノブヨシさんから、(今年から参加させていただいている通信句会の世話人である)、この「遠かもめ」は夫人の吉田さんから送られてきて以来、この跋文に感銘し、また、鬼房の句、序文と共に、自分の座右の書としているものだ、というメールを頂いた。
こういう広がりが、HPを掲げる一番の喜びである。
そこで、小島さんにお願いして、序文、吉田の後記など、コピーして送ってもらった。
そこには、興味深いことがいくつか書かれている。
村井メモに「帰郷」という政石蒙の随筆を取り上げたが、蓮井三佐男の遺稿集を強く勧めたのが政石蒙であったらしい。
吉田さんは、1946年に失明している。実際の編集の作業も、たぶん 政石さんたちの手を通して出来たのであろう。
私の、予期せぬところで、次々に人が繋がってゆく、それも何やら楽しいものである。
鬼房の序文に、蓮井の俳句について、

蓮井は充実の第一句集を出した後、自己撞着におちいった形跡があり、大切な心の叫び訴えを、観念的表記にすりかえ、思うように佳い句が得がたくなっている。

   天網は見えず蜘蛛の囲が光る 

これとても、観念を(観念的とは異なる)、下敷きにしたものだ。天網は「天が悪人を捕まえるために設けた網」のこと。老子に、「天網恢恢疎にしてもらさず」と言う言葉がある。道と言うか倫理観と言うか、これは一つの大きな思想であるが、作者は敢えて小人に徹している。ごく至近の、そして卑近の粗い小さな蜘蛛の囲の存在を強く、光として感じているのだ。逆説的には天網を凌ぐほどの蜘蛛の囲であり、存在感なのである
。』

と、書いている。
観念的な俳句には時として、陥りやすい。
そういうものを下敷きにしても、やはり、俳句として立つには、存在感があるかどうかだろう。
私が、句会でこの句に出会ったなら、やはり取るだろう。「天網は見えず」が「蜘蛛の囲」の存在感をいっそう色濃くしているからだ。「天網」が、人によって、過剰な表現と受け取られると、この句は取れないという人もいるだろうと思う。
蓮井は、ずいぶん難しいところを、俳句にしていると思う。療養所という狭い世界で、失明による、深い精神生活を強いられてきた蓮井には、分かりやすく、やさしい俳句では物足りなかったのであろうと思う。ハンセン病文学全集の俳句にどんな句が選ばれるのか、楽しみである。


              
                    亀の親子



       
← 戻る 次へ →




「遠かもめ」 Re:佐藤鬼房と蓮井三佐雄

top page